Kersenboom

一言で言えば物語

ネロと彼の忠実な犬パトラッシュは、祖父のジェハンと一緒にホーボーケンに住んでいます。彼らは毎日、村の農場から市内の市民に新鮮な牛乳を運びます。

少年と彼の犬は、製粉業者の娘であるアロイスと親友になります。

しかし、その男は娘とネロの友情に満足していません。
 

アントワープ大聖堂を訪れている間、ネロはルーベンスの絵画に感心しています。 「キリスト昇架」と「十字架降架」しか有料で見られないことが判明すると、彼は悲しくなります。

 

groene kar.jpg

ネロは絵を描くのが得意です。ある日、彼はドローイングコンテストで彼の才能を発揮する機会を見ました。勝者は美術学校で無料で勉強することができます。

 

ある夜、工場は全焼しました。製粉業者はこれについてネロを非難します。人々はその少年を避けます。ネロはこれ以上売るミルクを手に入れません。

 

祖父が亡くなり、ネロには収入がありません。二人の友人はすぐに通りにいることに気づきます。

ネロは彼が競争に勝っていないことを知ったとき、クリスマスイブに大聖堂の冷たい床に失望して横たわっています。月明かりがルーベンスの有名な作品を柔らかく照らしている間、彼はパトラッシュを腕に抱えて死ぬ。

nello patrasche.jpg