Kersenboom

日本からフランダースへ

マリールイーズは、児童労働やドラフトドッグのイメージを手放すことはできません。イタリアでは、彼女は「フランダースの犬」に欲求不満を書き留めています。中編小説は1872年に出版されました。物語は信じられないほどの成功になります。それはアメリカの出版社を通して日本と韓国への道を見つけます。
この本は子供たちに必読の本になります。キャラクターは、典型的な日本のアニメ映画で数え切れないほど撮影され、描かれています。

前世紀の80年代、アントワープのシティガイドは、ルーベンスとネロとパトラッシュの痕跡を求めて日本人観光客と対峙しました。このようにして、「フランダースの犬」は、作家が19世紀に彼女のインスピレーションを見つけた地域についに到達します。
 
 

 

ウィーダは、アントワープ近くの「運河」近くの村にネロとパトラッシュの生涯を置いた。赤い工場が風景に迫っていた。

地理的または歴史的な証拠はありませんが、すぐにホーボーケンに到着します。 1872年、この地区はスヘルデ沿いの田舎の村で、大きな製粉所があり、アントワープから徒歩圏内でした。

1985年には、シリーズ「SuskeenWiske」の漫画「Hetmendedinges」が出版されました。

その中で、Paul Geertsは、NelloとPatrascheがミルクカートを持ってHobokenとAntwerpを歩き回ることを許可しています。

同じ年に、2人の友人の像がホーボーケンに建てられました。デザインはPaulGeertsによるもので、実行はYvonneBastiaensによるものです。そして、それだけではありません。地区はネロとパトラッシュが浸透しています。ホーボーケンは少年と彼の犬のシルエットを大切にしています。プラリネ、ビール、チーズ、ジン、パテなど、地元のネロとパトラッシュの名物料理が開発されています。

beeld hoboken.jpg
beeldje%20handschoenmarkt2_edited.jpg

2016年には、アントワープのHandschoenmarktに大理石の像が置かれます。ゲントの芸術家バティストフェルミューレンは、ネロとパトラッシュを大聖堂の前で眠らせます。

これで、円が完成しました。 少年と彼の犬はホーボーケンに住み、アントワープで永遠に眠ります。

en.wikipedia.org/wiki/ouida

en.wikipedia.org/wiki/ouida

「フランダースの犬、フランダースの前例のない眺め」
Didier Volckaert、An VanDienderenなど
ISBN 978 90 209 88581